ホーム » 特集記事 » 【お客様インタビュー】定年後、充実した毎日を送るためのリフォーム
お客様インタビュー
定年後、充実した毎日を送るためのリフォーム
『新たなスタートを切ったという気分です』
【お客様インタビュー001】定年後、充実した毎日を送るためのリフォーム
今回は、さいたま市緑区のM様のお宅へ伺いました。
32年間住み続けた愛着のあるご自宅マンションをリフォームされてから2ヶ月が経ち、お仕事で忙しい日々を過ごしながらも新しい暮らしを楽しんでいらっしゃるM様ご夫妻。
リフォーム中のお話やリフォーム後の生活の変化についてお話を伺いました。
左:プランナー菅原/右:タカラスタンダード中原さん
左:プランナー菅原
右:タカラスタンダード中原さん
リフォームをお考えになったきっかけを教えてください
10年ほど前から、定年後にリフォームしようと考えていました。
定年後も仕事を続けることになりましたが、定年を一つの区切りとして、これからの暮らしを快適にするためにリフォームをすることにしました。
オレンジデザインを知ったきっかけは?
地元でマンションのリフォームを行っている会社をインターネットで検索したのがきっかけです。ウェブサイトの雰囲気がすっきりとしていてナチュラルな印象で、電話をしてみました。
どんなリフォームをしようと考えていましたか?
子供たちが成長して家族構成が変化していたので、間取り変更を含めた全面的なリフォームを考えていました。
打ち合わせを進めていく中でやりたいことが増えていったので、結果としては当初の想定よりも大規模な工事をすることになりました。
M様ご夫妻
M様ご夫妻
オレンジデザインに決めた理由を教えてください
問い合わせた数社の中から、3社のリフォーム会社と打ち合わせを進めることになり、少しずつ会社によって得意分野が異なることが分かってきました。
その中でオレンジさんは施工力と現場に関する知識に強みがあり、最も「現場との距離」が近いと感じました。
また概算見積を提示された他社よりも見積金額は高かったのですが、契約前の段階で詳細な見積内容を提示してくれたので、それが安心感につながりました。
リフォームの打合せはいかがでしたか?
まず間取りについてオレンジさんから数パターンの提案があり、生活スタイルを相談しながら具体的な間取りを決めていきました。
それから水廻りやドアの仕様について決めていくのですが、迷う→決断する→迷うの繰り返しで…。
選択肢が多いのは良いことなのですが、決めることが多く、想像以上に時間がかかりましたね。
リフォームの打合せ
リフォームをしてみて感じたことはありますか?
工事が始まると、解体後の状態や少しずつ壁が出来ていく過程を見ることができるようになります。
そうすると「実際はこうなっていたんだ」「ここはこう変えたい」とどんどんイメージが沸いてくるようになったので、何点か設計変更をお願いすることになりました。
着工後の設計変更にも出来る範囲で柔軟に対応してくれたことはありがたかったです。
着工前の計画よりも天袋収納が3か所増えました(笑)
天袋収納でスペースを有効活用
天袋収納でスペースを有効活用
今回、断熱改修(断熱性能を向上させる工事)を行った理由を教えてください
オレンジさんから勧められたことがきっかけです。
特に我が家は角部屋で3方向が外壁に面しているので、冬の暖かい空気が中から逃げやすく、夏の暑さが外から伝わりやすいのだそうです。
夏涼しく、冬暖かいことが健康・長寿につながること。省エネにつながり冷暖房の効率が上がること。
見た目ではわかりづらく省略されがちな工事ではあるが、健康的な住まいのためには重要な工事であるとのことでした。
またスケルトンの状態でないと断熱材を吹き付けることができないので、今回が絶好のタイミングだったということも大きな後押しになりました。
断熱材を吹き付ける前
断熱材を吹き付ける前
断熱材を吹き付けた後
断熱材を吹き付けた後
断熱改修の効果はいかがですか?
最近、春にしてはとても暑い日があったのですが、帰宅時に「あれ?前よりも暑くないな」と感じました。
また窓にインナーサッシを取り付けたので、以前は聞こえていた電車の音が聞こえなくなり、とても静かで快適ですね。本格的な夏と冬の到来が楽しみです。
インナーサッシには結露を防ぐ効果も
インナーサッシには結露を防ぐ効果も
こだわりのポイントを教えてください
それぞれの自室からアクセスできるウォークスルークロゼットにプリンタを含む情報機器スペースを作った点です。
リフォーム前はプリンタまで遠くて大変だったので…。
自宅で仕事をする際にも、それぞれがストレスなく過ごせるようになりました。
また浴室のホーローの壁に、それぞれのシャンプーをマグネットで掛けられるのが便利です。
設置するか迷っていた食洗機も、実際使ってみるとやはり便利でした。
ウォークスルークロゼット
各室からウォークスルークロゼットにアクセスできるように
システムバス
タカラスタンダードのシステムバスには壁にマグネットがついて便利
実際に生活されてみていかがですか。生活スタイルの変化はありますか。
それぞれの生活スタイルと動線を考えて部屋の位置を見直したので、家族が程よい距離感をもって過ごせるようになったと思います。
長年住んでいた自宅ではありますが、工事中に仮住まいをしていたことで感覚がリセットされ、リフォーム後は新たなスタートを切ったという気分です。
あらためて「この空間でこの先ずっと暮らしていくのだな」と実感していますね。
また引っ越しの際に、所有しているモノと向き合い、「要る」「要らない」の選別ができたことは大きな収穫でした。
これからリフォームを考えている方に一言
リフォームの打合せには思っている以上に時間がかかるので、余裕をもったスケジューリングをおすすめします!
プランナー菅原より
本日は貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございます。
「より良い住まいにしたい」という共通の目標に向かって、ご家族で協力して打合せに参加される姿が印象的だったM様。
仮住まいを選択されたことによって配管の更新や断熱化工事が可能となり、より快適・安全・安心なお住まいに生まれ変わりました。
以前よりもご家族が快適にストレスなく過ごせるようになったことがわかり、大変うれしく思います。
今後も末長く、M様ご家族のお手伝いをさせていただきたいと思います。
マンションリフォーム事例-埼玉県さいたま市緑区・築32年
愛着のある住まいをフルスケルトンリフォーム!
断熱や収納にこだわった快適で健康的な暮らし♪